離婚前に金銭的な問題を片付けよう

離婚を切り出す前に準備をすべき金銭的な問題
もうさっさと離婚したい、そう思ったからといって即、相手にそれを切り出したり離婚届を突きつけるのは避けた方が賢明です。
その前に、離婚が決まるまで、そして離婚が決まってからの自分の生活でどれだけの費用がかかるのか、離婚する場合に相手からもらえるお金はどのくらいなのかを確認しておきましょう。
例えば、離婚する前に別居した場合でもその間の家賃や生活費は夫に貰うことができるのです。
それは婚姻費用分担請求といい、夫婦は相互に生活を保障する義務があるのです。
まずはそうした知識を学び、自分がいざ離婚となってから困らないように準備を進めるのが大切なのです。
お子さんがいる場合には仕事を自分が始めた場合に預かってくれる場所を探しておく、もちろん仕事もいきなり探してすぐ就職先が見つかるとは限りませんから早めに動いておくべきです。
そして、自分名義のお金はなるべく増やしておく事です。
専業主婦でも節約したりしてへそくりを増やしておくと、離婚、別居の場合に必要になるまとまったお金が準備できます。
相手側にDVやギャンブル、浮気、酒癖の悪さなど離婚されてしかるべき事由がある場合は慰謝料の請求も出来ますが、その相場も知った上で自分の働いた場合のお給料と慰謝料を合わせた額が生活に必要な額を上回る事を目指しましょう。
こうした事を一つ一つ確認していく為にも感情的に離婚を進めるのだけは避けるべきなのです。